タマゴサミン アイハ

タマゴサミンに含まれている成分「アイハ」とは

タマゴサミンは関節痛に有効とされているサプリメントです。

 

関節痛対策のサプリメントの中でも特に人気があるのですが、そこに含まれている成分として注目されているのがアイハです。

 

アイハには一体どんな効果があるのでしょうか。

 

ここではアイハの機能について調査した結果を詳しくお伝えします。

 

軟骨細胞の生成を強化してくれる

 

軟骨は、破壊されて減ってしまっても再生すれば機能を回復できますが、なかなか元に戻らないということもあります。

 

その結果、骨と骨とがぶつかり合ってしまい、軟骨がすり減って、痛みが生じます。

 

アイハが軟骨細胞の役に立つといっても、直接軟骨細胞になる訳ではありません。

 

軟骨細胞になるのはコンドロイチンやアルヒロン酸です。

 

しかし、アイハは軟骨細胞の生成をサポートしてくれます。

 

つまり、コンドロイチンやアルヒロン酸が軟骨細胞になるようにサポートしてくれるのです。

 

ただし、コンドロイチンやアルヒロン酸を摂取したとしても、すべてが軟骨細胞に生成されるわけではありません。

 

しかし、アイハを一緒に摂取すれば、効率よく軟骨細胞に生成されるのです。

 

アルヒロン酸の生成を増やす

 

軟骨細胞はアルヒロン酸を生成しているのですが、軟骨に含まれるアルヒロン酸の量は減りやすいという特徴があります。

 

つまり、軟骨細胞ではアルヒロン酸が生成されにくいのです。

 

そこで、アルヒロン酸の生成をサポートしてくれるのがアイハです。

 

その結果、軟骨細胞がアルヒロン酸を生成する量が増大するのです。

 

アルヒロン酸には軟骨をみずみずしく保つ機能があります。

 

軟骨に水分が含まれるようになると、弾力性が増し、痛みを和らげ、より健康的な状態になるのです。

 

従来のサプリメントにはアイハが配合されていない

 

今までに販売されていた関節痛に役立つサプリメントは、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲン、アルヒロン酸という成分だけが含まれていました。

 

そして、これらの成分は体内に入ってから、一旦分解されて再構成されるようになっています。

 

しかし、再構成されても、軟骨に生かされるとは限らず、排出されてしまう場合もあります。

 

ところが、それらの成分の中にアイハも含まれていれば、再構成しやすくなり、軟骨が修復されやすくなるのです。